あなたもこれで禁煙できる。成功する禁煙への道。

禁煙後の生活

長年吸っていたタバコをやめる。これは、喫煙者にとってとてもハードルが高く感じると思います。

習慣とは怖いもので、一度身についた習慣は、よくないことだと分かっていてもなかなかやめられません。

タバコをやめられないのはなぜなのか、考えてみたことはありますか?

いろいろな理由が浮かぶと思いますが、シンプルな理由は、脳がニコチンを欲しているという点です。やめられない状態は一種の依存症であり、これが意思だけで禁煙するのが難しい理由です。

このページでは、禁煙成功率の高いロングセラー商品のメリットや禁煙方法を解説します。また、禁煙がもたらす健康効果や、禁煙できるちょっとしたコツについても詳しく解説します。

こちらでご紹介する方法は、脳と心への負荷を少しずつ減らしながら、スムーズに禁煙に近づく方法です。最もオススメで自然な禁煙法を漫画でもご紹介します。

禁煙できない悩み

禁煙は、どんなにやる気があっても、決して簡単ではありません。依存症を断ち切るためには、とてつもない意志の強さと決意が必要です。

多くの人が禁煙に挑戦しては失敗し、挫折したり、気が重くなったりしています。禁煙を成功させるためには、なぜ禁煙したいのかを整理しましょう。気持ちを整理してから禁煙生活に入っていきます。

まず、これまで依存症になっていることを自覚する必要があります。要は正常な状態ではないわけですから、ここからこれまでの生活と決別していく前向きな気持ちを持ちましょう。

こちらではイライラしないで自然にタバコをやめる方法を紹介します。販売実績60万ケースのロングセラー商品にはワケがあります。これまでやめられなかった方もチャレンジ。

初めて禁煙を決意した方も、何度も挫折した人も、 吸いながら禁煙にチャレンジしてみませんか。
今の時代、自力でも楽して禁煙を目指すのが現実的なんです。
今まで辞められなかった人も、ぜひ一緒に禁煙してみましょう。

イライラを抑えて自然に禁煙が実現できる!

SDGsで禁煙

グッズに加えて、意外と大事で効果が高い禁煙のコツやマインドセットも後半でご紹介します。今の時代に沿った健康経営、SDGsにも直結する喫煙問題を解決します。

毎月使っていたタバコ代をあなたの好きなことに使ってみませんか?

32日目には吸わなくても平気になる秘密

32日後には禁煙

1カ月で禁煙成功する流れを漫画で解説します。

今後タバコはどこまで値上げが進むのか

2022年はウクライナや中国の情勢から、日本政府も防衛費増額の予算として増税を打ち出しています。増税の財源となるのは法人税、所得税、そしてたばこ税

1970年代の発売時のタバコ1箱の販売価格が100円台だったものは、今や600円台にまで上昇。販売価格の税率は大きな割合を占めており、たばこ税年間約2兆円。重要な税収となっています。

政府としても増税はかなり難易度の高い政策となりますが、比較的実施しやすいたばこ税は格好のターゲットとなるため、今後も値上げの傾向は続くとみられます。タバコを吸わない人たちが大半となっており、SDGs、健康経営、健康志向などの流れも高まる中で、社会的にも受け入れられなくなっているタバコという存在。

国民からも比較的受け入れられやすいため、今後タバコ1箱1000円までの値上げは段階的に実現していくとみています。当然、喫煙者のいる家計への負担は小さくありません。吸っていても何もメリットのない喫煙という行為は一刻も早くやめることが得策でしょう。

長い時間の喫煙習慣を変えることは簡単なことではないですよね。それでも40代会社員の私が禁煙を成功させたことには理由があります。

イライラを抑えて楽して禁煙する

私自身そうでしたが、禁煙にチャレンジして一番ネックとなるのが我慢している時のイライラ、ストレスでしょう。逆にイライラしないで禁煙できればかなりハードルが下がるわけです。私は何度も挫折してきました。

自分なりに分析と研究を重ねた結果、脳の構造に注目する必要があることに気づきました。

少しずつ禁煙

禁煙に失敗するのは意志の問題だけではありません。ニコチンは強い依存性と毒性をもっているため、急に習慣を変える事は難しい。だからこそ、脳の構造を利用し、ニコチンへの慣れを徐々に減らしていくという流れが一番スマートなんです。1日ずつ減らせるロングセラーの商品を購入。

いかにして脳を自然な状態へ戻していくかがポイントとなります。

禁煙時期の離脱症状について

依存度が高い人は、禁煙補助薬や禁煙グッズの利用も有効です。
離脱症状は、体内からニコチンが抜けていくときに現れる症状で、ここで挫折してしまう方がいらっしゃいます。

ピークは2、3日目くらいまでの方が多く、禁煙開始後1週間程度で楽になることが多いとされています。

私は自然に摂取量を減らしていたため、特に苦しむことはありませんでした。気合でやめる場合は、コーヒーを飲んだりガムを噛んだりして口を動かすことでなんとか凌ぐ人も多いようです。

禁煙のしかた~成功に導く禁煙プランのたてかた~ – タバコについて考えてみませんか|一般社団法人日本呼吸器学会 (jrs.or.jp)

喫煙は頭皮への影響も甚大

意外と知られていないように思いますが、タバコは髪の毛にも影響が大きいです。

ニコチンには、血管を収縮させ血行を悪くする作用があります。血行が悪くなることにより、必要な栄養や酸素が、健康な髪を作る毛母細胞に届かなくなってしまうのです。これは医学的にも証明されています。

またタバコに含まれる一酸化炭素も血管を収縮させるため、血行が悪くなる要因となります。他にもビタミン不足やホルモンバランスの乱れにより、健康な頭皮環境を保てなくなる環境がかななります。

これらのように、喫煙には様々な頭皮への影響があり、結果的に、毛髪が育たなくなり、抜け毛が増えて薄毛につながってしまいます。

イライラしない禁煙方法

イライラせずに禁煙を成功させるためには、事前に計画を立て、禁煙を成功させるための準備をすることが大切です。

喫煙の代わりに、運動やリラックス法など、より健康的な活動を行うことも検討しましょう。また、ニコチン置換療法、電子タバコ、チューインガムなどの製品を使用して、成功を収めている人もいます。

自分に合う喫煙方法を見つけることが大事ですが、それはやってみないとわからないですよね。成功率が高いのはタバコの先に着けて段階的に摂取量を減らす補助グッズです。10人中9人がやめているというメーカーのデータがあります。

難しい場合は、禁煙外来に相談するのもいいでしょう。条件を満たせば保険適用となるため、お近くのクリニックも確認してみてください。

3.禁煙後の健康効果

禁煙は、短期的にも長期的にも健康に良い影響を与えることが分かっています。肺の健康状態の改善、エネルギーレベルの向上、がんや心臓病などの病気のリスク改善などが挙げられます。

また、禁煙に成功すると、幸福感や達成感も高まります。

厚生労働省のからのアドバイス

厚生労働省のページも税確認しておきましょう。ニコチン切れによる離脱症にどう対応していけばいいのか、アドバイスがあります。ここを乗り越えられれば素敵な禁煙ライフがまっています。

ポイントは、タバコから離れている時の気分転換の方法と、ストレスに対しての向き合い方です。

1. 気分転換の方法を考える

  1. スポーツをしましょう。
    スポーツで体を動かすことは軽い抗うつ剤程度の効果があります。禁煙中はできるだけ身体を動かすようにしましょう。散歩やジムもいいでしょう。
  2. 趣味を持つ
    自分の熱中できることがあると、タバコから離れやすいです。この際は、ゲームなどでもいいかもしれません。趣味がなくてもこれを機に視野を広げてこれまで興味がなかったものに目を向けてみることをおすすめします。
  3. リラクゼーション
    温泉でも旅行でも、お散歩でも人によってリラックスできる方法は様々。音楽を聴く、読書をする、映画をみる、今はamazonやネットフリックスなども有効に使えそうなものがそろっています。

2. ストレスのとらえ方を変える

ポジティブ思考がポイントですが、これは無理にやらなくてもいいと思います。要は、自分がどのように現状を捉えて向き合うかということです。誰かに嫌なことを指摘されても、前向きにとらえるポイントがあるので、ぜひ参考にしてみてください。

たばことストレス | e-ヘルスネット(厚生労働省) (mhlw.go.jp)

4.高齢者にも大きな効果

高齢者であっても、禁煙の効果はあります。最近の研究によると、高齢者は禁煙後、健康全般の改善、スタミナの向上、身体的障害の軽減を経験しています。

アメリカ心臓協会が行った研究では、年齢に関係なく禁煙することで心臓病のリスクを大幅に減らすことができることが示されました。

5.禁煙グッズで禁煙できる

禁煙を希望する喫煙者のために、さまざまな禁煙グッズが販売されています。処方薬や、パッチ、ガム、トローチなどのニコチン置換療法剤などがあります。

これらの製品は、ニコチンの禁断症状や欲求を軽減し、禁煙生活への移行をよりスムーズにするために役立ちます。

オススメの禁煙グッズ

禁煙は、人生に大きな影響を与える素晴らしい旅です。時間をかけて計画を立て、障害とそれを克服するための戦略を熟知することで、成功の確率を高め、来るべき健康上のメリットを享受することができます。

自然にやめるためには、一カ月程度で徐々に摂取量を減らしていく方法が一番おススメです。電子タバコなどでは吸い続けるリスクもあります。禁煙補助グッズで完全にタバコを断つことを目指しましょう。

31日でやめるグッズがあります。開発には長い年月がかかっていますが、これまで60万人以上が禁煙に成功している実績があります。詳しくは公式サイトをご覧ください。

禁煙グッズの助けを借りて、禁煙生活への移行をよりスムーズに、より楽しくすることができます。禁煙外来の利用を検討するのも効果的です。

タイトルとURLをコピーしました